白湯は身体を温める他にも良い効果があります

朝の白湯で身体を温める 温度は? 清水教永教授

朝起きたらまず水分補給をするのは、健康を特に意識しない人でも当たり前のように行っています。

 

 

ここで、水でなく白湯を飲むと、身体を温める効果が期待できるそうです。

 

 

大阪府立大学の清水教永教授によると、50度まで温めた白湯を飲むと身体の中から温まるのだとか。

 

お湯をコンロで沸かしても、電子レンジで温めても構いません。

 

 

血液の温度よりも冷たい水では、血液への吸収が悪くなり、体内に溜まってむくみや冷えの原因になるそうです。

 

 

温かい白湯を飲めば、血液を温めて血管も拡張し、血流を促してくれます。

 

 

また白湯は、朝の動きの鈍い胃や腸にほどよい刺激を与えるので、内臓全体を活発に動かすきっかけになります。

 

 

便通も促され、便秘の予防にもなります。

 

 

朝の白湯飲みは、ダイエット法のひとつとして一時期メディアでも話題になりました。

 

 

ヨガインストラクターの千葉麗子さんが、ヨガの先生から勧められたのが、朝から10分かけて白湯を飲む「白湯ダイエット」だったのです。

 

 

白湯ダイエットでは、白湯を飲んだ後に朝食を食べるのもポイントです。

 

 

白湯を飲むと、低体温改善だけでなくダイエット作用も期待できるわけです。

 

 

健康体温36.5度の生活術

 

 

 

朝の白湯で身体を温める 温度は?関連ページ

イチオシ食材ココア 温熱以外の効果も
ココアは体を温める作用が高くしかもその他の健康効果も期待できます
体を温める ゆず種粉の作り方
ゆずには皮や種にも温熱効果が期待できます
ショウガは生と加熱後で栄養成分が変化
ショウガは加熱するとショウガオールが増加します 漢方の乾姜も加熱後乾燥させて作られます
持ち運びに便利な蒸し生姜サプリ「しょうがでホッと」
溶かして飲むタイプで持ち運びに便利な生姜サプリメントは意外とありません 「しょうがでホッと」はピリケースに入れられて携帯しやすい