ショウガは生でも加熱しても薬効作用に優れた食品です

薬効成分が増えるショウガ ショウガオールで身体温め

ショウガはいまや体を温める食材の代表として認知されています。

 

 

有名人の中には、寒い季節にチューブ入りショウガを持ち歩いて、食事の際はスープに入れて食べるという人もいます。

 

 

ショウガは世界中で古くから薬効作用のある食品として重用されてきました。

 

漢方で処方される「乾姜(かんきょう)」などは最も典型的です。

 

 

ショウガの体を温める効果において特筆すべきなのは、生の状態と加熱後で薬効成分の比率が変化することです。

 

 

ショウガにはショウガオールとジンゲロールという二つの薬効成分があり、ショウガを蒸すなどして加熱すると、ショウガオールが生の状態のおよそ10倍に増えます。

 

二つの成分の主な効能は以下のとおりです。

 

■ショウガオール
・脂肪や糖質の燃焼を促進して体温を上げる
・血管を拡張して血行を良くする
・免疫力を高める
・コレステロール値を下げる
・殺菌・解毒

 

 

■ジンゲロール
・血流を促進して体を温める
・殺菌
・免疫力を高める
・頭痛や吐き気を抑える
・抗がん

 

 

上で挙げた漢方薬「乾姜」は、ショウガを蒸した後、さらに乾燥させて作られます。

 

 

この過程でショウガオールがさらに増えるので、乾姜は生のショウガでも効果が感じられない時に処方される”切り札”のような漢方薬です。

 

 

そのため乾姜は、冷えがひどい、体力が著しく衰えている、といった患者に対して処方されていたそうです。

 

 

スープジャーで作る 冷えとり&ダイエット しょうがスープべんとう

 

 

 

 

 

生のショウガと加熱後のショウガの違い ショウガオールの増加関連ページ

朝に飲む白湯の効果 温度は?
清水教永教授は白湯を50度まで温めた白湯を飲むよう勧めています
イチオシ食材ココア 温熱以外の効果も
ココアは体を温める作用が高くしかもその他の健康効果も期待できます
体を温める ゆず種粉の作り方
ゆずには皮や種にも温熱効果が期待できます
持ち運びに便利な蒸し生姜サプリ「しょうがでホッと」
溶かして飲むタイプで持ち運びに便利な生姜サプリメントは意外とありません 「しょうがでホッと」はピリケースに入れられて携帯しやすい