血管は太すぎても細すぎてもダメです

冷えと自律神経 キツくても楽でもダメ?

「過度のストレスは、冷えの原因になる」という話を聞いたことはないでしょうか。

 

 

ストレスを受けると自律神経の交感神経が優位になり、血管が収縮します。

 

すると血流量が減少し、身体の冷えを引き起こすのです。

 

 

それでは、ストレスと無縁の「楽な」生活だと低体温は防げるのでしょうか?

 

 

実は、楽し過ぎの生活でも低体温の原因になります。

 

というのも、楽な生活では副交感神経が優位になり、血管が緩く広がってしまいます。

 

 

実は、血管が広がり過ぎても血流は悪くなるのです。

 

 

太いパイプと細いパイプに、同じ力で液体を押し出すと、太い方は勢いがゆるやかになります。

 

パイプが血管、液体を押す力を心臓の拍動と考えるとわかりやすいのではないでしょうか。

 

 

細いほうが勢いよく流れるわけですが、かといって細すぎては流れにくくなってしまいます。
これは交感神経が優位な状態です。

 

 

太すぎず細すぎず、ほどよい太さが大事なわけです。

 

これはまさに、交感神経と副交感神経のバランスの重要性そのものです。

 

 

ストレスを受け過ぎるのも、リラックスし過ぎるのダメ、何事もホドホドに、とは体温に限らず健康トピック全般に通じる考え方ではないでしょうか。

 

 

 

冷えと自律神経 キツくても楽でもダメ?関連ページ

冷え症と低体温の違い
冷え症の人が普段の平常体温が低い低体温だとは限りません
低体温の定義と体の不調
体温が低いと身体面だけでなく精神面にも不調が表れます
低体温の最大の原因は
身体の冷えや低体温が原因で起きる不調や病気についてまとめています
低体温は酵素の働き低下
体温が低いと酵素の働きが落ちてしまいます
手足ポカポカでも低体温?
手足ポカポカでも低体温というケースもあります
体温と腸・免疫力
免疫力を決めるポイントの腸にあり 体温の影響を強く受けます
冷たい飲み物と内臓・交感神経
冷たい飲み物は内臓を冷やして交感神経を緊張させます
たばこは絶対ダメ!万病のもとでもある
タバコは絶対にダメです 冷えの原因になるだけではありません
冷えをひき起こす病気 うつと拒食症
体が冷える原因は筋肉不足や体を冷やす食品だけではありません 病気によっては冷えの原因になります