ヨーグルトや食物繊維を食べても免疫力が上がらないなら

冷えの腸への影響 免疫力低下と便秘

このブログでもお知らせしている「身体が冷えると免疫力が低下する」のは、すでによく知られています。

 

 

免疫力の話題になると、腸内環境との関連も必ずと言えるほど取り沙汰されます。

 

 

いわく「腸内環境が乱れると、免疫力が落ちる」といった話ですね。

 

 

免疫の60%は腸管にあり、免疫機能を全身に送って身体の免疫機能を維持しています。

 

 

ここで、身体が冷えて免疫力が落ちるということは、腸管免疫力が落ちるということなのか?という疑問がわきます。

 

 

結論から言うと、身体が冷えると腸管免疫が低下します。

 

 

腸管免疫が最も働きやすい体温は37.2度で、深部体温が1度下がると腸管免疫の活動は低下するのです。

 

 

また、体温が下がると腸の動きも鈍るので、便秘気味になります。

 

便秘が続くと腸内環境が悪化し、免疫力も低下してしまいます。

 

 

「腸内環境を整えるには善玉菌摂取を」とはほとんど常識になっていますが、実は体温をあげることも腸内環境改善に必要なのです。

 

 

「ヨーグルトや食物繊維の多い食品を食べているけど便秘が治らない」という場合、体温を上げる必要があるのかもしれません。

 

 

便秘対策に「適度な運動」が挙げられるのは、腸を刺激する同時に、体温を上げる狙いもあります。

体が冷えると免疫力が落ちる理由関連ページ

冷え症と低体温の違い
冷え症の人が普段の平常体温が低い低体温だとは限りません
低体温の定義と体の不調
体温が低いと身体面だけでなく精神面にも不調が表れます
低体温の最大の原因は
身体の冷えや低体温が原因で起きる不調や病気についてまとめています
低体温は酵素の働き低下
体温が低いと酵素の働きが落ちてしまいます
手足ポカポカでも低体温?
手足ポカポカでも低体温というケースもあります
冷たい飲み物と内臓・交感神経
冷たい飲み物は内臓を冷やして交感神経を緊張させます
冷えと自律神経・ストレス
ストレス過多でも過少でも冷えの原因になります
たばこは絶対ダメ!万病のもとでもある
タバコは絶対にダメです 冷えの原因になるだけではありません
冷えをひき起こす病気 うつと拒食症
体が冷える原因は筋肉不足や体を冷やす食品だけではありません 病気によっては冷えの原因になります