低体温は万病のもとと言えるほどさまざまな不調を生みだします

低体温の定義・症状 心と体の両面に

脇の下で体温を計って、36度以下の人を低体温といいます。

 

 

強いストレスなどが原因で起きる体の不調、いわゆる「未病」状態では35度台にまで下がり、34度台では病気が疑われます。

 

 

脳や内臓など、生命維持に重要な臓器がある深部の体温は、およそ37度に保たれています。

 

この温度をキープし健康を維持するためには、36.5度くらいが最適の体温とされています。

 

 

低体温になると、さまざまな不調が表れます。

 

 

免疫力低下 体内酵素の不活性化 新陳代謝の低下 手や足の冷え 肩こり 頭痛 腰痛 生理不順 便秘 下痢 代謝低下による肥満 

 

 

免疫力が低下するとガンやアトピーやアレルギーを発症しやすくなりますし、新陳代謝が悪くなって肌荒れやシミが起きるようになります。

 

 

36.5度の体温が1度下がるだけで、免疫力は37%、基礎代謝は12%、体内酵素の働きは50%低下するのです。

 

 

不調は身体だけでなく、心にも表れます。

 

 

やる気・意欲の低下 うつ ネガティブ思考

 

 

まさに冷えは万病のもと、と言えます。

 

 

バイオラバー エアロドームベストMサイズ

 

 

 

低体温の定義と症状 免疫力低下やメンタル面の悪影響関連ページ

冷え症と低体温の違い
冷え症の人が普段の平常体温が低い低体温だとは限りません
低体温の最大の原因は
身体の冷えや低体温が原因で起きる不調や病気についてまとめています
低体温は酵素の働き低下
体温が低いと酵素の働きが落ちてしまいます
手足ポカポカでも低体温?
手足ポカポカでも低体温というケースもあります
体温と腸・免疫力
免疫力を決めるポイントの腸にあり 体温の影響を強く受けます
冷たい飲み物と内臓・交感神経
冷たい飲み物は内臓を冷やして交感神経を緊張させます
冷えと自律神経・ストレス
ストレス過多でも過少でも冷えの原因になります
たばこは絶対ダメ!万病のもとでもある
タバコは絶対にダメです 冷えの原因になるだけではありません
冷えをひき起こす病気 うつと拒食症
体が冷える原因は筋肉不足や体を冷やす食品だけではありません 病気によっては冷えの原因になります