冷たい飲み物でスッキリするのは一時的に興奮状態になるからです

冷たいものを飲む弊害 腸の冷えと交感神経

当たり前の話ですが、冷たいものを飲むと身体が冷えます。

 

 

胃およびその周辺が冷やされてしまいます。

 

 

日ごろ常温のものを飲むようにしている人でも、夏は冷たい水などを飲む機会が増えるのではないでしょうか。

 

 

自販機では、つい「冷たい」ジュースを選び、キューッと一気に飲んでしまいませんか?

 

 

冷たい飲み物も、たまに飲む程度ならそれほど影響はないでしょう。

 

一瞬内臓が冷えても、しばらくすれば体温が回復するからです。

 

 

しかし発汗量が増える夏場は、飲む量も増えます。
立て続けに冷たいものを飲むことも珍しくありません。

 

 

これでは次から次に内臓が冷やされてしまい、体温が回復する暇がなくなってしまいます。

 

結果的に臓器類が冷たいまま、機能が低下したまま活動することになります。

 

 

冷たいものは物理的に内臓を冷やすのに加えて、交感神経を緊張させます。

 

 

朝などに冷たい水を飲むと気分がスッキリするのは、一時的に交感神経が優位になり、軽い興奮状態になるからです。

 

 

冷たいものを断続的に飲み続けると、交感神経の緊張も続いてしまいます。

 

すると血管が収縮して血行が阻害され、血流が悪くなり身体か冷えてしまうのです。

 

 

考えてみれば、昔は夏場の冷たいものと言えば、せいぜい冷たい川で冷やした食べ物や、井戸水くらいだったのではないでしょうか。

 

 

アイスクリームや冷たいジュースなどが、大量に、しかもいつでも口にできる現在の環境は、快適かもしれませんが、もしかしたら身体に好ましくない影響を与えているのかもしれません。

 

 

 

冷たい飲み物 内臓の冷え交感神経関連ページ

冷え症と低体温の違い
冷え症の人が普段の平常体温が低い低体温だとは限りません
低体温の定義と体の不調
体温が低いと身体面だけでなく精神面にも不調が表れます
低体温の最大の原因は
身体の冷えや低体温が原因で起きる不調や病気についてまとめています
低体温は酵素の働き低下
体温が低いと酵素の働きが落ちてしまいます
手足ポカポカでも低体温?
手足ポカポカでも低体温というケースもあります
体温と腸・免疫力
免疫力を決めるポイントの腸にあり 体温の影響を強く受けます
冷えと自律神経・ストレス
ストレス過多でも過少でも冷えの原因になります
たばこは絶対ダメ!万病のもとでもある
タバコは絶対にダメです 冷えの原因になるだけではありません
冷えをひき起こす病気 うつと拒食症
体が冷える原因は筋肉不足や体を冷やす食品だけではありません 病気によっては冷えの原因になります