携帯カイロはお腹や足の裏に貼るのが効果的だそうです

貼るカイロはどこに貼るのが最も効果的?

寒い季節に屋外で過ごす場合、貼るカイロはとても大きな味方になってくれます。

 

 

動きの少ない釣りなどでは、完全防寒+全身に貼るカイロ、という人もいます。

 

 

寒さをしのぐのに欠かせない貼るカイロですが、体のどこに貼るのが最も効果的なのでしょうか?

 

 

一般には、背中や腰に貼る人が多いようですが・・・

 

 

平成25年2月18日の東京スポーツ新聞の「リレーコラム 健康ブログ」によると、どうやら背中や腰に貼るのはイマイチなのだそうです。

 

 

記事の一部を引用致します。

 

 

ある調査によれば、多くの人が腰や背中に貼ると答えたそうだが、医学的にはそれは間違いだという。

腰や背中よりもおなかや足の裏の方が静脈が多く、そこにカイロを貼ることで血液を温めることができ、静脈を回りまわって体全体の体温上昇につながるというわけだ

 

 

お腹や足の裏に貼るのが正解だそうで、この記事を書いた記者さんは実際に試しています。

 

場所は朝晩にマイナス20度近くまで冷え込むという北海道の阿寒郡鶴居村。

 

 

格安の貼るカイロを足の裏に1枚ずつ、お腹に一枚貼ったところ、下着のシャツ、セーター、ダウンジャケットという薄着で過ごせたそうです。

 

 

記事は「かなり寒さ対策には効果的」としめられています。

 

 

ちなみに「腰よりお腹に貼るのが効果的」とのことですが、腰痛持ちの人は体が冷えると血行が悪くなって痛みが激しくなる場合があるので、腰に貼って患部を温めるほうが良いこともあります。

 

 

また管理人はタオルにカイロを貼って首に巻くこともあります。

 

首には皮膚近くに太い血管があるので、カイロにより血液を温める効果が高いのです。

 

 

貼る ぬくっ子 30コ入り

 

 

 

貼るカイロはどこに貼るのが最も効果的?関連ページ

基礎代謝と体温・筋肉 太りやすさ
運動して筋肉を増やすことは基礎代謝を上げ体温を上げやすくすることでもあります
ミトコンドリアと体温 病気のかかりやすさ
ミトコンドリアはエネルギー生産と病気の発症にも関わっています
首タオルが身体を温める理由
動静脈吻合のスイッチは首にあります
放射線ホルミシスの健康効果
放射線は微量では人体にプラスの効果を及ぼしてくれます
首タオルが温かい理由
「首タオル」が身体を温めるのにはいくつか理由があります
靴下重ね履き 素材とやり方
絹や綿の靴下を重ねてはくと冷え取りに効果的です 様々な体の不調の改善が期待できます