筋肉をつけると基礎代謝が上がり低体温も改善されます

基礎代謝と体温・筋肉 太りやすさ

ダイエット関連の記事でよく登場する基礎代謝は、体温と密接な関係があります。

 

 

そして基礎代謝と体温の話題は、筋肉を抜きにしては語れません。

 

 

基礎代謝とは、生命を維持するために最低限必要なエネルギーのことです。

 

 

つまり、呼吸する、心臓や内臓を動かす、あるいは体温維持などのために消費されるエネルギーですね。

 

 

基礎代謝は、筋肉量が増えると多くなります。

 

 

体重が同じでも、筋肉が多い人は基礎代謝が高い(=何もしなくても消費されるカロリーが多い)ため、太りにくいと言えます。

 

 

ダイエット記事で「筋肉をつけて基礎代謝を上げ、太りにくい体質に!」と主張されているのはまさにこの原理を根拠にしています。

 

 

実はこの主張は、そのまま低体温の改善とも解釈できます。

 

 

なぜなら、筋肉は熱を発生する器官であり、カロリーを消費するとは、熱を発するのと同義だからです。

 

つまり、

 

筋肉をつけて消費カロリーアップ=筋肉をつけて体温アップ

 

ということです。

 

筋肉量、基礎代謝、太りやすさ、体温の関係をまとめます。

 

 

・筋肉量が多い=基礎代謝が高い=太りにくい=体温が高い
・筋肉量が少ない=基礎代謝が低い=太りやすい=体温が低い

 

 

体温が1度違うと、体温維持に消費されるエネルギーはおよそ12%変動すると言われています。

 

 

 

基礎代謝と体温・筋肉 太りやすさ関連ページ

ミトコンドリアと体温 病気のかかりやすさ
ミトコンドリアはエネルギー生産と病気の発症にも関わっています
首タオルが身体を温める理由
動静脈吻合のスイッチは首にあります
放射線ホルミシスの健康効果
放射線は微量では人体にプラスの効果を及ぼしてくれます
貼るカイロはどこに貼るのが良い?
カイロは静脈の多い場所に貼るのがポイントなのだとか
首タオルが温かい理由
「首タオル」が身体を温めるのにはいくつか理由があります
靴下重ね履き 素材とやり方
絹や綿の靴下を重ねてはくと冷え取りに効果的です 様々な体の不調の改善が期待できます