首タオルが温かい理由は?

なぜ首を温めると温熱効果が高いのか 快眠のためにも

冬になるとタオルを首に巻いて寝る人は多いのではないでしょうか。

 

 

いわゆる「首タオル」は寒い夜でも体の保温効果が高く、カゼ予防の大きな力になってくれます。

 

 

「首にタオルやマフラーを巻くと、服を一枚重ねるのと同じくらい体が温まる」という話も聞きます。

 

 

それでは、首を温めるとなぜこれほど保温効果が高まるのでしょうか?

 

 

まず首元は、体の中で最も短時間で温かさを感じる部位です。

 

 

これは首元が温度の変化に敏感であることも意味しています。

 

例えば手の平に水をかけられるのと、首元に水をかけられるのはどちらがリアクションが大きくなるでしょうか?

 

 

いうまでもなく首元ですね。

 

雨の日に傘の雨水が首に入ってきたりすると、かなり冷たく感じるのも同じ理由です。

 

 

短時間で温かさを感じやすい場所としては、首の他に肩から肩甲骨の周囲、太ももの裏などがあります。

 

 

また首には皮膚のすぐ下に太い血管が通っており、首を温めるとほぼダイレクトに血液も温まります。

 

温かい血液が体を巡ることになり、全身が温まるのです。

 

 

手首や足首、お腹も全身を温めるのにポイントとなる部位です。

 

 

冬の寒い日は、体が冷えて眠りに入りにくくなります。

 

 

そんな時は首はじめポイントとなる場所をタオルやカイロなどで温めると、全身が温まり眠る態勢が整います。

 

 

首を温めることの温熱効果についてはこちらのコンテンツもどうぞ。

 

 

 

なぜ首を温めると温熱効果が高いのか 快眠のためにも関連ページ

基礎代謝と体温・筋肉 太りやすさ
運動して筋肉を増やすことは基礎代謝を上げ体温を上げやすくすることでもあります
ミトコンドリアと体温 病気のかかりやすさ
ミトコンドリアはエネルギー生産と病気の発症にも関わっています
首タオルが身体を温める理由
動静脈吻合のスイッチは首にあります
放射線ホルミシスの健康効果
放射線は微量では人体にプラスの効果を及ぼしてくれます
貼るカイロはどこに貼るのが良い?
カイロは静脈の多い場所に貼るのがポイントなのだとか
靴下重ね履き 素材とやり方
絹や綿の靴下を重ねてはくと冷え取りに効果的です 様々な体の不調の改善が期待できます