首タオルが身体を温める理由 動静脈吻合を作るには

動静脈吻合 首を温めるとなぜ身体が温まるのか

「寒い時期は、首にタオルを巻いて寝る」という人は多いのではないでしょうか。

 

 

管理人もそのひとりで、冬のカゼ予防手段として首タオルは鉄板になっています。

 

 

タオルを巻いて首を温めると、どうして身体が温まるのでしょうか?

 

 

手や足先の血管には、動静脈吻合(グローミユー)というバイパスのような血管があり、動脈と静脈をつないでいます。

 

動静脈吻合は血流量を調節する働きを持っています。

 

 

アルファベットのAを抹消の血管として、左側斜線を動脈、右側斜線を静脈、横線を動静脈吻合、上の頂点部分を末端の毛細血管と考えてください。

 

 

一般の血管の反応とは逆に、寒さを感じると動静脈吻合は広がります。

 

 

動静脈吻合が広がると、動脈の途中にある静脈へのバイパスの血流量が増えるので、毛細血管への血流量は減ります。

 

 

動静脈吻合のこの反応は、手足からは体温が逃げやすいため、末端の毛細血管の血流を減らし、深部体温を保つためです。

 

 

動静脈吻合のスイッチは首周りにあるので、首を温めておくと動静脈吻合が広がりやすくなります。

 

すると手や足から体温が奪われにくくなるため、身体が温まるのです。

 

 

こうした原理により、首にタオルを巻くと身体が温まるのです。

 

 

動静脈吻合はデリケートで、ストレスや食生活の影響を受けやすい組織です。

 

ストレスを受けたり、暴飲暴食が続くと消滅することもあります。

 

 

動静脈吻合は有酸素運動を行うと再生されます。

 

 

首を温めることの温熱効果についてはこちらのコンテンツもどうぞ。

 

 

 

動静脈吻合 首を温めるとなぜ身体が温まるのか関連ページ

基礎代謝と体温・筋肉 太りやすさ
運動して筋肉を増やすことは基礎代謝を上げ体温を上げやすくすることでもあります
ミトコンドリアと体温 病気のかかりやすさ
ミトコンドリアはエネルギー生産と病気の発症にも関わっています
放射線ホルミシスの健康効果
放射線は微量では人体にプラスの効果を及ぼしてくれます
貼るカイロはどこに貼るのが良い?
カイロは静脈の多い場所に貼るのがポイントなのだとか
首タオルが温かい理由
「首タオル」が身体を温めるのにはいくつか理由があります
靴下重ね履き 素材とやり方
絹や綿の靴下を重ねてはくと冷え取りに効果的です 様々な体の不調の改善が期待できます