ミトコンドリアは低体温だと活性が下がってしまいます

体温とミトコンドリア 病気との関連

このところ、ミトコンドリアが話題になっています。

 

 

理科の授業にも出てきたミトコンドリアは、ほぼ全ての生物の細胞に含まれています。

 

 

ひとつの大きさは1万分の1ミリほどしかありませんが、人間の細胞では全体の10〜20%も占めています。

 

 

ミトコンドリアの最も大きな仕事は、エネルギーの生産です。

 

炭水化物や脂肪を分解することでエネルギーを生み出しています。

 

 

人間はエネルギーを作らなければ活動できませんし、アスリートはミトコンドリアの量が増えると持久力もアップし、パフォーマンスも向上します。

 

 

ミトコンドリアが注目されているのは、エネルギー産生だけでなく、いろいろな病気の発症と関わっているからです。

 

 

認知症、糖尿病、パーキンソン病は、ミトコンドリアの量が少ない、あるいはミトコンドリアの不調で発症すると考えられています。

 

 

これは言い換えるなら、ミトコンドリアを増やして活性化させれば、認知症や糖尿病などの厄介な病気も予防できる可能性がある、ということです。

 

 

実は、ミトコンドリアは体温が低いと活発に活動できません。

 

 

ミトコンドリアが活動するには、深部体温37度以上と十分な酸素の供給が必要なのです。

 

ちなみに、ミトコンドリアが多く含まれる心臓の筋肉ではおよそ40度まで発熱します。

 

 

低体温が様々な病気の原因になるのは、免疫力の低下に加えて、ミトコンドリアの不活化を引き起こすからでもあるのです。

 

 

 

体温とミトコンドリア 病気との関連関連ページ

基礎代謝と体温・筋肉 太りやすさ
運動して筋肉を増やすことは基礎代謝を上げ体温を上げやすくすることでもあります
首タオルが身体を温める理由
動静脈吻合のスイッチは首にあります
放射線ホルミシスの健康効果
放射線は微量では人体にプラスの効果を及ぼしてくれます
貼るカイロはどこに貼るのが良い?
カイロは静脈の多い場所に貼るのがポイントなのだとか
首タオルが温かい理由
「首タオル」が身体を温めるのにはいくつか理由があります
靴下重ね履き 素材とやり方
絹や綿の靴下を重ねてはくと冷え取りに効果的です 様々な体の不調の改善が期待できます